便秘の改善方法
0

便秘の癖を治すには時間が必要

便秘の解消法はいろいろあります。体に合う合わない、好き嫌いもありますから解消法は人それぞれ。そして便秘を治すためには時間がかかる場合もあります。短期的な便秘であれば腸を刺激することで解消することが多くありますが、慢性的な便秘ともなると、解消するのにも時間がかかってしまいます。便秘が長く続いてしまっている場合は、諦めずにじっくりと取り組むことが大切です。

妊娠を期に便秘になってしまうこともある

若い頃は腸の動きも活発なため、便秘知らずで過ごしたという方もいると思います。加齢とともに腸の動きも鈍くなり、ホルモンバランスの乱れなどで便秘になりやすくなってしまいますが、今まであまり便秘を経験してこなかった方にとって、一番の便秘の経験は妊娠の時ということもあるでしょう。

妊娠すると女性の体には様々な変化が起きます。

妊娠初期にはつわりで食事が思うように取れず、排出物も減り便秘になってしまったという方もいるでしょう。食べるものが少なくなれば、自然と便も小さくなるので便の回数も減り、だんだんと便秘になっていってしまいます。

妊娠中期頃からはお腹が大きくなってくるのと共に、女性ホルモンの分泌が盛んになるので便秘になりやすい体になってしまうのです。

お腹が大きくなってくると胃や腸が圧迫されるようになり、思うように食事が摂れないこともあります。食物繊維も十分に摂れない日が続くとどうしても便秘気味になってしまいます。

そして妊娠中に分泌される女性ホルモンには腸の動きを抑える働きがあります。そのため、妊娠中はとても便秘になりやすいのです。

どうしても便秘がひどい場合は、無理していきむと破水や早産の原因になることもありますので、かかりつけの産婦人科医に相談して便秘薬を処方してもらいましょう。

妊娠中は市販の便秘薬を飲むことはできませんが、産婦人科で処方してもらえるお薬であればおなかの中の赤ちゃんに影響はないので安心です。

自分に合った方法をじっくり続けることが大切

便秘を解消するためには、食物繊維を沢山とること、水分を取ること、運動すること、マッサージや腹ばいになったりしてお腹を押すこと、体を温めることなどが有効ですが、長期間諦めずに続けることが重要になってきます。

精神的にも、前向きな気持ちで、気持ちよく複式呼吸などする、出なくても思いつめない、良質の睡眠を取るなども続けながら、心身をリラックスすることも大切です。

夜更かしをせずに規則正しいを送るようにして早寝早起きなど、自然に添った生活にすることができるようにしていきましょう。

腸は朝起きた時に刺激をすると便が出やすくなります。夜にゆっくり体を温めて睡眠をとった朝はコップ一杯の水を飲み、軽く体操やストレッチなどをしてみましょう。

腸の刺激になり、そのうち便が出てくるようになります。そしてそれが習慣化するとだんだんと便秘が解消されていきます。長く続いてしまっている便秘は1、2日では治すことはできません。まずは生活習慣を変えていき、じっくり取り組んでいくことで、体が変わっていき便秘も解消することができます。

気長に取り組んでいきましょう。

Tags: