便秘の改善方法
0

「水溶性食物繊維」と「非水溶性食物繊維」をバランスよく摂取すること

便秘の解消には食物繊維がいいと良く言われていますね。便秘に悩まされている方は積極的に食物繊維を食事に取り入れている方も多いでしょう。食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「非水溶性食物繊維」の2種類があるのをご存知ですが?どちらも便秘の解消に効果的ですが、偏らずにバランスよく摂取することが大切です。

水溶性食物繊維とは

水溶性食物繊維とはその名の通り、水に溶けやすい食物繊維のことです。

水溶性食物繊維を含む食品は主にオクラや納豆、きのこ類や海藻類などねばねばしたりとろっとした食材に多く含まれます。

食物繊維が水に溶け胃の中で食べ物を包み込むため、コレステロール、糖質、塩分などの体内の吸収を抑えてくれます。

そして腸の中の善玉菌を増やし整腸作用があるため便秘にも良い食物繊維です。

非水溶性食物繊維とは

非水溶性食物繊維とは水溶性食物繊維とは反対に水に溶けにくい食物繊維のことで、水分を吸収して膨らむ食物繊維です。

増えるわかめのように水を含んで膨らみ、腸のぜん動運動を促して便を排出します。食べる量が普段から少なく、便の量が少量で便秘になってしまう方は、この非水溶性食物繊維を多く摂取して、便のかさを増して排出させるという方法がおすすめです。

非水溶性食物繊維を多く含む食品は野菜、豆、いも類などです。

二つの食物繊維のバランスが大事

大切なのはこの二つの種類の食物繊維をバランスよく摂取することです。食物繊維と聞くとひとつだと思ってしまいがちですが、先に述べたように二つの食物繊維の役割は違ってきますので、日々の献立にバランスよく取り入れていくことで便秘の解消につながっていきます。

慢性の便秘は一日や二日での改善は難しいですが、継続して生活を変えていくことで体も変わってきますのでだんだんと便秘も解消されていくでしょう。

諦めずに、持続することが大切です。

Tags: